合原ちひろの絵日記@鹿児島市

~清く まっすぐ おもしろく~

感染症と人権~新型コロナ時代を鹿児島で生きる~

妙行寺(鹿児島市和田1-4-1)で開催された公開セミナー『感染症と人権~新型コロナ時代を鹿児島で生きる~』に参加しました。

ご住職とドクターご住職&講師のきいれ浜田クリニック院長の濵田努先生のドSコンビ。(※SmartのSということに…。)

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、私たちはどう生きるか。それを自分の頭で考え、行動に移せるような話を聞くことができました。

新型コロナウイルスとの付き合い方

新型コロナウイルスの感染者数は、世界で5,000万人を超え、日本でも第3波がやってきています。若い世代は感染しても命を落とさない人が多いものの、80歳以上の致死率は15.8%と年齢が高い人ほど危険です。

今までに大流行した感染症、例えば、SARSやエボラ出血熱は感染したら3割~5割は亡くなってしまいますが、日本には入ってきていません。

それはなぜか。

新型コロナウイルスと異なり、発症”後”に他人にうつす感染症だから。発症すると死亡するか、重症になるかであり、対処できるからです。

新型コロナウイルスは、”発症3日前から発症まで”が他人にうつしやすく、また、たとえ感染したとしても軽症や無症状の方がいます。つまり、”見えない感染者”がいることがこの新型コロナウイルスの恐ろしいところです。

きいれ浜田クリニック 濵田先生病院や高齢者施設で感染されたご高齢の方々は、そこで働いている若い人達からうつった例が大半とのこと。”見えない”ことが、私たちの心を蝕みます。

流される毎日を送っていた私たちは、このコロナ禍で「本当に大切なことは何だろう」と立ち止まって考える機会を得ました。

でも、これからどうなるのでしょう。
早く収束してほしいと切に願っています。

自然に対して自分たちの都合・時間を押しつけることに慣れ過ぎている私たち。実現性の低い将来を待ち望むと、待ち受けているのは”不安”。

感染症の歴史

これまでもさまざまな感染症が流行しました。感染症との闘いはこれからも続くはず。

濵田先生は、アウシュビッツ収容所での精神科医フランクル氏の例を出しながら、「私たちが唯一生き残る道は、生きる目的をもつことである」そして「視点を変えることでものごとは変わる」と説かれました。

私たちはなぜ感染を恐れるのか。

新型コロナウイルスに感染することを恐れる理由は、大きく分けて2つ。①死ぬのが怖いから、②偏見・差別が怖いから。

実際に医療従事者に対する偏見・差別はありましたし、歴史的に見ても感染症は差別の対象になりやすいです。(ハンセン病、ペスト、エイズ等)

差別を受けると分かっていたら検査を受けませんよね?この”差別”が、感染を広げてしまう原因のひとつなのです!

感染すると尊厳が損なわれます。常日頃、尊厳が傷つけられているマイノリティの方は更に・・・。「症状があっても受診したくない」「マイノリティであることを知られたくない」と思うのは当然ではないでしょうか。

多様な人々を包摂する社会をつくることは、公衆衛生を進めていく上でも重要です。

デマ・差別はなぜ起きるのか。

人は苦しいと、他人や自分を傷つけます。
苦しさの中には”不安”と”怒り”があり、これらがデマや差別を生みます。

理性でおさえられればよいのでしょうけれども、なかなか💦それに、私たちには思考の偏り(バイアス)があります。

①確証バイアス
事実に基づいた理屈よりも、自分の感情が受け入れやすい自分にとって都合のいい情報ばかりを無意識に集めてしまい、耳障りな都合の悪い情報は無視したり集めようとしなかったりすること。
(例)感染が広まったら次々に人が亡くなるという理屈よりも、自粛は意味がない!という自分の感情を受け入れやすい情報を集める。

正常性バイアス
予期しないことが起きたときに、異常を正常の範囲内ととらえてしまう、精神の安定を保つためのメカニズム。
(例)諸外国は感染者が増えているけれど、鹿児島は大丈夫でしょ。

③多元的無知
自分はそう思っていないけれども、多くの人がそう思うのならばそうなのであろうと受け入れ、従ってしまう状況のこと。
(例)トイレットペーパーが品薄になるというのはデマだと分かっていたが、スーパーに買いに行った。

私たちは自分で思っている以上に視野が狭く、偏りがあります。
デマは不安な心に入り込みます。不安な心がデマを呼びます。人は不安なときは不安を共有したくなります。

ん?
偏見(かたより)があるから差別するの?差別って何?

きいれ浜田クリニック 濵田先生

差別は、”社会規範による支持”が大きい方から①合法的差別、②社会的差別、③個人的差別に大別できます。

18歳未満は選挙権がない→これは”合法的差別”。かわいいから優遇する→これは”個人的差別”。好き嫌いの問題であって、なくならない。

人種、肌の色、宗教、障がい等で差別される”社会的差別” 。
法律は、社会規範を変えることによって社会的差別をなくそうとしています。

・・・偏見がなくても差別はあるのです。

さらに付け加えると、知っていないと差別になることもあります。私たちは、ただ「知らない」だけで、無自覚に目の前の人を傷つけ、差別していることがあります。(例)LGBTQ

差別と戦うためには、私たちは常に知識をつけていかねばなりません。

まとめ

差別・誹謗中傷はよくないことは知っているのにしてしまっている私たち。

差別・誹謗中傷の対策ではなく原因を考えてみると、「苦しいから人は人を傷つける」ことがわかります。

”希望と現実の開き”が苦しみ。
この差が大きければ大きいほど苦しくなります。今、私たちはコロナ禍の中で、解決できない”苦しみ”を持っています。

自分の苦しみを声に出してみましょう。人に話してみましょう。そうすると、不安を小さくすることができ、苦しくても穏やかでいられます。

もし、近くに苦しんでいる人がいたら話を聴きましょう。人は”支え”があれば、苦しくても穏やかでいることができます。

と、濵田先生は締めくくられました。


濵田先生は、進化し続けていらっしゃいます。妙行寺の学びの場は、門徒さんや地域の方だけでなく、あらゆる方々に開かれています。

鹿児島市にこのような人、場があることが非常にうれしいです。知っているつもり、わかったつもりにならぬよう、私も日々精進します!

合原のつぶやき(ドSな方々へ)

スライドも見やすくて、お話もわかりやすく、非常に役に立つ内容でした✨しかし、これは2~3回にわけて話すような内容ではないでしょうか。

濵田先生もスライドを端折り、私もブログを書くにあたってかなり端折ったのに、普段のブログ数回分の文字量になりました。本当はまだ書きたいこともありましたが、体力と能力の限界(-_-;)

後半が怪しいけれど、何とか書きましたよっ(# ゚Д゚)!!!愚痴ですよっ!

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

脳に影響をおよぼす、マルトリートメント

11月12日から25日は、女性に対する暴力をなくす運動期間。
22日(日)の午後に鹿児島市が開催した『DVと子ども虐待~日常に潜むマルトリートメントが脳におよぼす影響とは~』を拝聴しました。

DVと子ども虐待講師は、福井大学子どものこころの発達研究センター教授の友田明美さん。福井大学医学部付属病院の子どものこころ診療部(小児科医6名、児童精神科医9名、心理士8名在籍)の医師でもあられます。

以下、拝聴した内容の中で皆様にもお伝えしたいことを書きます。

マルトリートメントとは?

マルトリートメントとは、マル(悪い)トリートメント(扱い)、つまり”子どもへの避けたいかかわり”のこと。子どもの発達には、遺伝・環境・年齢が大いに関係します。

全国の児童相談所の虐待対応件数は、1990年度の1,101件から2019年度は19万3,780件に増加しており、その数は年間の出生数の15%にあたります。特に、心理的虐待は10万9,118件(56.3%)で過去最多。

マルトリートメントのWHO(世界保健機関)の定義は、「身体、精神、性虐待、ネグレクトを含む児童虐待をより広くとらえた、虐待とは言い切れない大人から子どもへの発達を阻害する行為全般を含めた不適切な養育」です。

”かぎっこ”や”子どもが嫌がっているのに、親が裸でうろうろしたり、一緒にお風呂に入る”こともマルトリートメントにあたります。

マルトリートメントは、生涯にわたって、個人の身体・精神の健康を損ない、ひいては国の経済発展と社会成長を遅らせることにつながります。

子どもの脳への影響

乳幼児期に脳は育ちます。(特に1歳頃が著しい)

ことばの暴力は、"脳の聴覚野"を変形させます。
脳が変形して、聴覚的記憶力が落ちてしまうそうです。ことばの暴力は、叱りつけ、侮辱、はやし立て、恐怖を与える、卑しめる、過小評価など。目に見えないからこそ留意しなければなりません。

また、厳しい体罰は、感情をつかさどる"脳の前頭前野"を変形させます。頬を叩く、長時間正座をさせる、ご飯を与えない等は体罰です。

児童虐待防止法児童福祉法が改正され、体罰禁止が法律に明記されました。(2020年4月施行)

ぜひ、↑こちらのサイトもご覧ください。

両親間のDVを目撃しても

両親間の”ドメスティック・バイオレンス(DV)”を目撃した子ども達の脳は傷つきます。(DV目撃もマルトリートメント)

心理的外傷後ストレス障害うつ病、不安障害、攻撃的行動、自殺企図・念慮、摂食障害睡眠障害、認知・行動発達の遅れなど子ども達の健康に大きな影響を与えます。

特筆すべきは、身体的な暴力を目撃するよりも、怒声や暴言を見聞きした方が子どもの脳に深刻な影響を与えること。(6倍以上)

子ども達のためにも、親によりそう、つながっていくことが大切です。

愛着(アタッチメント)障害

5歳以前の養育者との異常な関係は、アタッチメント障害をもたらしやすいです。

”他人に関して無関心””用心深い””イライラしやすい”といった内向きタイプのアタッチメント障害、”多動””友達とのトラブルが多い””人見知りがない”といった外向きタイプのアタッチメント障害があります。

特に1歳頃にマルトリートメントを受けると、意欲・喜び・ご褒美への脳の活動が最も低下してしまいます。

また、4~7歳の頃にネグレクトや重複する虐待を受けると脳の視覚野が小さくなるとのデータも。←記憶力や学習能力の低下につながります。

癒されると回復する!

愛着の再形成をすると、成長の遅れも脳の活動も回復します。

トラウマの処理もお話しくださったのですが、持続エクスポージャー療法とかEMDRとかTFTとか・・・専門的過ぎてわからず。ここは専門家にお任せする部分が大きいかな。

私たちができること。
それは、子育てに困っている人をサポートすること。子育てが”孤育て”にならぬよう、子ども達をみんなで育てる意識をもつこと。

マルトリ予防サイト「防ごう!まるとり マルトリートメント」に、”マルトリに対応する支援者のためのガイドブック”が掲載されていますのでご活用を!

アレント・トレーニング(親の訓練)をすると、親の育児ストレスが改善し、子どもの注意機能が向上し、子どもの注意の問題行動が改善するとの検証結果があります。

「子ども達だけでなく、その親にも寄り添いましょう。親も人。完璧な子育てはありません!」と友田さんはお話を締めくくられました。


「誰かに任せればいい。」と投げるのではなく、「自分が頑張ればいい。」と無理しすぎることもなく。意見Avs意見Bと対立しすぎるのではなく、対話してCという案を出すなど、スマートに、ともに支えあえる社会をつくっていきたいですね。

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

覚悟は深い!妙行寺の月例写経会。

妙行寺(鹿児島市和田1-4-1)の月例写経会。
今日は午前9時からの写経会に参加することができました。

毎回、副住職の「意外!日常に潜む実は仏教用語だった言葉」のお話で始まります。第12回となる今回は”覚悟”のお話。

ここ数年、私は何度も結構な覚悟を決めたような。
もがいてあがいて、苦しんで、スッと抜ける。そんな感覚を何度も体験しました。(何かを身につけたわけではないので”経験”ではない。)

副住職によると、”覚”も”悟”も”さとり”を表すことばであり、”覚悟”とは「迷いからさめ、さとりに至ること。真理をさとること。」だそうです。

「きつい事態や状況を受け止め、(他の選択肢を捨てて)何かを決心すること」のような意味で私は使っていましたが、もっともっと奥深いことばでした。

毎月1つずつ賢くなります✨

写経 妙行寺
話を聞きながら、こっそり撮るのがうまくなった気がします( *´艸`)

副住職のお話を拝聴した後は写経。

写経 妙行寺
その日の心身の状態で字が変わります。今日は途中で足が痛くなって、よんごひんごな字になりました。

骨挫傷
なぜ痛かったのかというと、左足の小指が骨挫傷か捻挫のどちらかになっていまして。

写経の後、ご近所の整形外科クリニックへ行き、左足の小指を固定していただきました。固定することで歩いても痛くなりづらくなりました。これで明日からは少し安心!

月曜日に家でバタバタしていて左足の小指を強打したため、こんなことになってしまいました。慌てているときこそ、ゆっくり深呼吸をして落ち着くように努めないといけませんね。

少しずつ寒くなってきました。私のようにならぬよう、病気やケガに気を付けてお過ごしください。

妙行寺月例写経会

毎月、第3土曜に開催されています。次回は12月19日(土)。
時間:①9:00~10:00、②19:00~20:00※①か②の好きな時間に参加できます。
場所:妙行寺門徒会館(鹿児島市1-4-1)
参加費:500円(門徒さんは300円)
問合先:浄土真宗本願寺派(西本願寺) 妙行寺
墨を磨る時間は心が無になります。おすすめ✨

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

JR倉敷駅のペデストリアンデッキ@岡山県倉敷市

初めて訪れたJR倉敷駅

JR指宿枕崎線、山陽・九州新幹線、JR山陽本線を乗り継いでやってきました。

倉敷駅 花時計駅の南口から出ると、立派な花時計がお迎えしてくれます。

倉敷駅ここは、岡山県倉敷市にあるJR倉敷駅
2020年10月29日(木)、”中核市サミット2020 in 倉敷”に参加するため、会派の先輩である米山議員と一緒に倉敷に足を踏み入れました。(ブログでおいおい書いてまいります。)

倉敷駅少し離れて撮影。
高い駅ビルがあるのかと思っていたら、空が広い!

以前は8階建ての駅ビルがあったようですが、2015年に3階以上の部分の解体工事が完了して今の状態になったそうです。

倉敷駅さらに離れて撮影。
JR倉敷駅南口の”ペデストリアンデッキ”はコの字型に作られています。コの字型の中の部分には、バスターミナルがあります。

ペデストリアンデッキ
→車道と歩道を分離して設置された、高いところに架け渡した歩行者専用の歩道のこと。

夫の実家のある福岡県北九州市JR小倉駅やJR黒崎駅ペデストリアンデッキ網に「都会は違うなぁ!」と20代の頃、驚いたことを思い出しました。(私の基準が、2016年に高架化される前のJR慈眼寺駅とJR谷山駅だというのも問題があるような気もしますが。)

ペデストリアンデッキがあることで、駅前周辺の移動が安全で楽になりますが、景観を考えて設置することも重要ですよね。

デッキと言えば、2016年に完成した宮城県塩竈市の”津波避難デッキ”も見てみたいです。

と、場所を移して、帰りに撮影したJR倉敷駅北口の”ペデストリアンデッキ”。

倉敷駅
JR倉敷駅北口を出てすぐのところには、1997年から2009年1月1日午前1時までは、デンマークコペンハーゲンにあるチボリ公園をモデルとした”倉敷チボリ公園”があったそうです。

現在、”倉敷チボリ公園”跡地には、2011年開園の”倉敷みらい公園”、ショッピングモール”アリオ倉敷”、アウトレットモール”三井アウトレットパーク倉敷”が整備されています。

駅前には、”アンデルセン広場”が残っており、デンマークコペンハーゲン市庁舎のシンボル塔を模した”からくり時計”の時計台が目を引きます。

時間があったら散策したかったです(;´・ω・)

JR鹿児島中央駅ペデストリアンデッキ

今年、鹿児島市にも10月2日に”ペデストリアンデッキ”が開通しましたよね。

鹿児島中央駅前の再開発ビル”鹿児島中央タワー”とアミュプラザ鹿児島プレミアム館をつないでいます。

さらに、南国センタービル前歩道にかかるペデストリアンデッキも2022年に開通予定です。新型コロナウイルス感染症の影響で2022年にずれ込んだのですが、市の財政はかなり厳しい状況です。さらにずれ込むのではないでしょうか・・・。


明後日11月22日(日)は、鹿児島市長選挙と鹿児島市議会議員補欠選挙の告示日。広い視野と高い視座で見て考えることのできる方を選びたいです。皆様、11月29日は投票に行きましょうね。

 

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

どなたでも参加OK!11月27日(金)は、かごしま市女性大会@サンエールかごしま

2020かごしま市女性大会

大会テーマ:男女共同参画社会の実現をめざして~認め合い、支えあい、共に生きる~
日時:2020年11月27日(金)13時~15時45分
場所:サンエールかごしま講堂(鹿児島市荒田1-4-1)

①基調講演
時間:13時30分~14時30分
講師:田上真澄さん(フリーリポーター)

②シンポジウム
時間:14時35分~15時35分
テーマ:共に創ろう豊かな地域ー私の立場からー
パネリスト:3名
内田圭さん(京進スクールワン鹿児島荒田教室)
山下久代さん(俳句誌「形象」)
有野春美さん(武・田上地域女性団体連絡会)

かごしま市女性大会

来週、”かごしま市女性大会”が開催されます。

女性の暮らしを豊かにし、人間らしく潤いのあるものにするために、女性自ら、社会生活における諸問題を見つめ、女性の自立と社会参画を目指すことが求められています。

女性と男性が対等なパートナーとして社会のあらゆる分野に参画し、家庭、学校、職場、地域で、喜びも責任も分かちあう21世紀の「男女共同参画社会」と豊かな地域づくりについて考えます。

と、チラシに掲載されていました。
初めて参加させていただきます。楽しみにしています!

どなたでも(性別問わず)、申し込み不要でご参加いただけるようですので、当日ご都合のよい方はぜひご参加ください。

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

看取りと地域とのつながり

妙行寺(鹿児島市和田1-4-1)での公開学習会『看取りと地域のつながりについて~ホームホスピスもくれんの家でのケア~』に参加させていただきました。

もくれんの家 

お話しくださったのは、看護師・NPO法人ホームホスピス鹿児島理事長の河野博美さん。

河野さんは、今年の8月に第13回縁起でもない話をしよう会(オンライン第4回)で”ホームホスピス”についてお話しくださいました。

※”寺猫ちょびちゃんねる”には、縁起でもない話をしよう会の動画が多数投稿されています。ぜひチャンネル登録を!→寺猫ちょびちゃんねる - YouTube

今回のお話は、”看取り”と”地域とのつながり”がテーマ。

ホームホスピスは、誰でも住み慣れた地域で、その人らしく(尊厳を大切に)最期まで暮らすことを支援するおうちです。ホームホスピス”もくれんの家”は、鹿児島県内唯一のホームホスピスで、日置市伊集院町にあります。

お住まいの方がよりよく自分らしく生き切るサポートをするのはもちろんのことですが、地域の方とも年月をかけてつながり、地域の方の居場所にもなってきているそうです。

また、”看取り”の場に立ち会い、死を直視した子ども達にも変化がありました。「自分が今できること」を考えて、行動するようになったとのこと。

人が生き、人が死ぬ。
”もくれんの家”で暮らしていた方々は、身をもって子ども達に大切なことを伝えてくださいました。

「コロナ禍にあっても生活を支える」
ことばで書くと簡単ですが、実際の現場では悩み苦しむことが多いと思います。看取りの場でもあるので、尚更だと思います。

支える人を支える仕組みも重要です。
また、自分自身が「どう生き切りたいか」を考え、それを周りの人と語り、考えを共有しておくことも必要です。

ひとりでは生きていけません。
あたたかい目で、謙虚に、でも力強く歩む日々を送りたいですね。写真
「写真を撮り忘れたからブログを書けないなぁ」と逃げていたら、サッと写真を送って下さる某お方。(いつもありがとうございます!)

私自身、いろんな方に支えられて生きています。
今、私ができること。考えるだけではなく、ちゃんと行動に移せているか。お話を拝聴しながら自分と向き合う時間となりました。

最後に。
”ホームホスピス”についてお知りになりたい方は、こちらの動画をご覧くださいね。


ホームホスピスってなに?【縁起でもない話をしよう会】
”もくれんの家”では、草むしりボランティアを欲しているそうです!

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」

慌てない、慌てない。

月曜の夕方、事件は起きました。
夜にまた出かける用事があったので、急いで夕食を作ろうと台所へ駆けていく途中に、「ガッ」

足の小指を
左足の小指だけ、台にぶつけました。

声も出ないまま、しばらくのたうちまわっていましたが、痛がりながらも夕食を作り、真っ赤に腫れた小指を冷やしながら夕食を食べて、出かけました。

出かけている最中に、小指に感じる違和感。
靴がきつくなっているような?

靴と靴下を脱ぐと・・・
足の小指がえ!?
靴が当たると激痛。

ネットで検索したら骨折しているかも!?
人生初の骨折?

動かすのはよくないと思い、薬指と小指の間にクッション代わりの折りたたんだティッシュを挟み、テーピングしました。

翌日は臨時議会
休むわけにはいきません。

市役所近くに9時から診察している整形外科を発見したので、朝イチで行こうと決め、「寝る際は足の下に座布団か枕を置いて少し高くした方がむくみを抑えられると思います。」とアドバイスをいただいたので、足元に座椅子を置いて痛みをこらえながら寝ました。

足の小指がそして翌朝。
診ていただきやすいように、スーツの下は黒いレギンス。診察の後に黒い靴下を履いて”黒タイツ風”にすればいいかな?という苦肉の策です。

夫に車で送ってもらい、整形外科で朝7時50分頃に受付を済ませました。

9時からすぐに診てもらい、レントゲンを撮ったところ、「折れてはいないようですね。でも、ヒビが入っているかもしれないですし、骨と骨をつないでいる部分が傷ついているかもしれないです。1週間くらい様子をみて、痛むようならまた来てくださいね」とのことでした。

わかりやすくポキッと折れたわけではないようで、少しホッとしました。

が、痛いものは痛い。処方していただいた湿布をすぐさま貼り、痛み止めを飲んで、痛みをこらえながら靴を履いて、臨時議会に臨みました。

・・・おドジ(;´・ω・)
来週は走り回らないといけませんので、今週は安静にします。

皆様、私のようにならぬよう、足元に気を付けてお過ごしください。

🌟合原ちひろFacebookページ
🌟合原ちひろTwitter
🌟合原ちひろLINE公式アカウント
🌟合原ちひろインスタグラム
🌟以前のブログ「終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市」